羊毛フェルト♪walts-yukiusagi

ふわふわの羊毛フェルトで、楽しみながら、いろいろなものに挑戦しています♪

小湊鐵道の小さな旅




随分前のお話です

7月の暑くなり始めたばかりの頃

息子が林間学校で留守の間を利用して

ひとり旅に出ておりました


その後、まさか家族のことで

心配の日々になるとは思いもよらず

久しぶりの旅を楽しんだのでした


旅に選んだのは

千葉に住んでいた一時期

電車好きだった息子と

何度か出かけた小湊鐵道


鉄道模型を作り始めたこともあり

楽しい思い出のある小湊鐵道に乗りに出かけよう

と思い立ちました


小湊鐵道の始発

五井駅のホーム


image097.jpg


小湊鐵道の魅力のひとつは

この列車でしょうか

形といい、色合いといい、なんとも可愛い


ちなみに全線、非電化の単線で

ディーゼルカーだそうです


キラキラした目でこの風景を眺めていた息子の姿を

まるで昨日のことのように思い出しました


image099.jpg

こちらは大正13年にイギリスから輸入された機関車とのこと

五井駅にある小湊鉄道の事務所の方に声をかけると

車庫に保存されている3輌を見学させてくださいます


image092.jpg


関東の駅100選に選ばれている上総鶴舞駅

雰囲気のある木造駅舎にテンションあがります


image090.jpg

image091.jpg

上総鶴舞の駅に降りた途端に

ラベンダーのいい香りがすると思ったら

丁寧に束にされたラベンダーが置いてあり

「ご自由にお持ちくおださい」とのひと言が

添えられておりました



鶴舞駅もそうですけれど

多くの駅が無人駅

それでも、ご近所の方たちが

ボランティアでお掃除をされているのでしょうか

どこの駅も綺麗で気持ちがいいのです


image087.jpg


窓も窓ガラスも昭和な感じがまた素敵




image086.jpg

image085.jpg


image088.jpg


image075.jpg


ほっこりと温かいのは風景ばかりではなく

人もめちゃくちゃ温かい

五井駅で声をかけてくれた駅員さん

車内でいろいろと教えてくれた車掌さん

バスの運転手さんや宿の方たちも

自分の田舎に帰ってきたのか?と思うくらい

みんな優しいのです


東京からほんのちょっとの時間で来られるところに

こんなに優しい場所があるなんて

なんだか不思議な気がします

image079.jpg

こちらは、タブレット交換中のひとこま


image070.jpg


image069.jpg

駅に書かれた絵も手作り感があって可愛い

image041_20151201114026842.jpg



養老渓谷駅では

こんな方も列車を待っていました(笑)


image053.jpg


image057.jpg





image047.jpg

終点の上総中野駅

ここから先はいすみ鉄道に乗換えです


image046.jpg




image038.jpg


旅の最後は

image035.jpg

海土有木(あまありき)駅



image031.jpg


この駅は、母を誘って、小さな息子と

駅舎を描いたり、列車を見送ったりと

のんびり過ごした場所

今は無人駅になってしまいましたけれど

その頃はまだ駅員さんがいて

電車好きの息子に

使われていない小さな枕木をくださいました

重いながらも嬉しそうに持ち帰り

息子の宝物になった枕木


そんな思い出の駅に

ついつい降り立ちました




久しぶりの小湊鐵道

がたごとと列車にゆられ

のどかな景色を眺めながら

ぼうっと過ごす時間が

本当に楽しかったです



私の様子がよっぽど嬉しそうだったのか

息子も「行ってみたい」と言っていたので

一緒に行くことが出来たら

また楽しそう♡




見に来てくださって

最後までお付き合いくださって

ありがとうございました


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

左サイドメニュー

プロフィール

yukiusagi

Author:yukiusagi

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Translation(自動翻訳)